SERVICE

- サービス紹介 -

外壁塗装

外壁モルタルの塗り替え

モルタル壁は、左官職人が直接モルタルを壁に塗って仕上げていくため、左官職人の技が現れやすいのが特徴です。
壁に塗り付ける際に、コテの先で模様を付けるなど意匠性や自由度が高く、仕上げの塗装をするため、色も好きなものを選べます。モルタル壁は築25年以上の建物でよく見られ、代表的な仕上げ方には次のような種類があります。

  • 架設足場・メッシュシート養生

    足場組み立て作業完了後、汚れた水や塗料の飛散防止のためにメッシュシート及びブルーシートで養生をします。

  • 高圧洗浄

    防音型の洗浄機を使い、ほこり、汚れ、藻、こけ、かびなどを洗い流し、清浄な面にします。

  • 下地処理・養生

    必要な場所にシーリング処理をし、欠損箇所は補修材を用いて補修します。塗料が付着しないようビニール等で養生いたします。

  • 下塗り

    エポキシ厚膜型シーラーと言い塗装する下地によってシーラーを使い分けを致します。

  • 中塗り・上塗り

    同じ塗料を2度塗り致します。外壁塗装が完了致します。

外壁サイディング2色塗り

クリヤー塗装が無理で、クリヤー塗装の様にサイディングの柄を再現したい方には2色塗分け工法という選択肢もあります。
通常の塗装と比べて、どうしても作業工程が増える為予算的には割高になってしまいますが、塗りつぶしにはない高級感ある仕上がりになります。

  • シーリング打ち替え工事

    既存シーリングを撤去後、プライマー塗布、ボンドブレーカー(3面接着防止)、コーキング打ち替えを行います。

  • 外壁2色塗り作業

    出っ張った部分のみを2回塗りをします。

屋根塗装

カラーベストコロニアル塗り替え

カラーベスト ( コロニアル ) などの重ね葺き屋根材の塗装では、「縁切り」作業が重要です。
縁切り対策の無い塗り替えは、かえって屋根を傷める結果になってしまうことがあります。夏期の高温対策として、遮熱塗料によるペイントリフォームと、棟換気の設置のWエコリフォームのご提案をしております。

  • 屋根 150キロ圧による高圧洗浄

    屋根についた、汚れ、藻、こけ、かびなどをしっかりと洗浄いたします。

  • 板金部 研磨・錆止め

    板金部分にはケレン作業してからエポキシ樹脂錆止めを塗布致します。

  • シーラー塗り

    シーラーをしっかりと塗布します。

  • タスペーサー挿入作業

    屋根材の組み合わせ目から水平方向の15センチくらい離した左右に挿入します。

  • 中塗り・上塗り・仕上げ

    中塗りを塗布し、乾燥したら上塗り(仕上げ塗り)ムラのないように丁寧に仕上げます。
    ※ 縁切り作業 塗料が乾燥したら、コロニアルのつなぎ目を縁切り(雨漏りを防止する為)重要な作業です。

その他

  • 木製玄関ドア

    シミ抜き・研磨・吹き付けによる着色・研磨・中塗り着色・上塗りを行います。

  • 雨戸の塗装

    研磨・低圧塗装温風機による吹き付け塗装 錆止め・中塗り・上塗りを行います。

  • 木製家具の塗装

    研磨・下塗り・中塗り・上塗りを行います。

  • ガレージ床の塗装

    研磨・掃除・プライマーの塗布・中塗り・上塗りを行います。

実際にかかるお値段

築10年のモルタル吹き付けの建物で屋根カラーベスト 延べ床面積が30坪のお宅の場合

※見た目を安く見せるアクリル樹脂塗料は載せておりません。

 塗料の種類    参考金額   耐久年数
 外壁ウレタン  屋根シリコン    70万~80万  ~8年
 外壁シリコン  屋根シリコン  →  80万~90万  ~10年
 外壁フッソ  屋根シリコン  →  90万~100万  ~20年

なぜならアクリル塗料は耐久性に乏しい為、今では良心的な塗装業者はほとんど採用していないからです。
なお、上記に掲載しました金額はあくまでもひとつの目安です。
実際にお客様のお宅にお伺いし、建物の計測やプランなどをお聞きして詳細なお見積りを行い、適正な金額を算出いたします。

GO TO TOP

TOPへ戻るボタン

無料見積もりはこちら